SDI

商品「AUSmit」の詳細
 
サイズを選択してください


AUSmit
品種名:AUSmit
     
系  統:イングリッシュローズ 
作出社:イギリス デビッド・オースチン
作出年:1987年
花  色:バフアプリコット〜ソフトピンク
花  形:カップロゼット咲き
花  径:8
開花性:四季咲き
香  り:強香 (ミルラ香)
樹  形:シュラブ型 (樹高180cm×幅100cm)

プロフィール: 花色はバフアプリコットで、咲き進むにつれて白に近くなっていきます。しっかりしたカップ咲きをして花が重たいので丁度横向きに咲き、まるであなたに向かってうなづいているように見えます。充実すると夏でもよく花を付ける優良品種です。花色は暖かい地方や季節ではなんとソフトピンクになることもあり、変化の幅が広いです。とげが少なくよく花を付ける育てやすい品種です。
香りは強くて、イングリッシュローズ特有のミルラ香に、レモンとアーモンドの香りが混じります。
丈夫で育てやすいので、初心者の方でも安心して育てられます。
成株になったときの樹形の目安は樹高180cm×幅100cmのシュラブ型ですがコンパクトにも仕立てられますので、花壇の前面から後方までどの位置でも植えられます。また、鉢植えでも十分育てられます。強健でよく成長するためつるバラのようにも扱え、2.5m程度のアーチやトレリスやフェンス、オベリスク、ガゼボなどにも利用できます。

セント・セシリアは3世紀にローまで殉教した、音楽と音楽家の守護聖だそうです。

イングリッシュローズの生みの親であるオースチン氏は、イングリッシュローズを約50〜100cm間隔で正3角形に植えると、それぞれが生長してまるで1本の大きな株に見えるとのことでこの植え方を強く勧めています。それで、3本セットを「状態」オプションにご用意いたしました。若干お求め安くなっております。
 
価格:\2,500(税込み)
 
  納期:2018年4月〜
 
 
サイズ
この商品は売り切れです
SDI