SDI

商品「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」の詳細
 
サイズを選択してください


プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
品種名:プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
      Princess Alexandra of Kent
系  統:イングリッシュローズ 
作出社:イギリス デビッド・オースチン
作出年:2007年
花  色:輝くピンク
花  形:ディープカップ咲き
花  径:9
開花性:四季咲き
香  り:強香 (ティー香にレモンとクロフサグスリの香りが混じる)
樹  形:シュラブ型 (樹高110cm×幅90cm)

プロフィール: 非常に大きな温かく輝くピンクで、花弁数も多く、深いカップ形です。外弁が少し薄い色になります。大きな容姿にも関わらず、花形は不格好になりません。少し横に広がったシュラブを形成しますので、3本を一緒に植えると、樹形の面でも、花つきの面でも美しくなります。
ティー系の香りなのですが、面白いことに花が咲き進むごとに、レモンの香りにかわってゆきます。クロフサグスリの香りも軽く乗ります。
成株になったときの樹形の目安は樹高110cm×幅90cmの半横張り性シュラブ型で、花壇の中段〜後方や小型のアーチやトレリスやフェンスやオベリスクやガゼボなどに利用できます。鉢栽培でも良く咲きます。非常に丈夫な品種です。

デビッド・オースチン社がエリザベス二世女王のいとこである、アレキサンドラ妃のお名前をこの品種に冠せたことは大変名誉なことだそうです。彼女は造園に関心が高く、大変なバラ愛好家でもあります。
 
価格:\2,500(税込み)
 
  納期:2018年4月〜
 
 
サイズ
この商品は売り切れです
SDI