SDI

商品「Ausmary」の詳細
 
サイズを選択してください


Ausmary
品種名:Ausmary
     
系  統:イングリッシュローズ 
作出社:イギリス デビッド・オースチン
作出年:1983年
花  色:ローズピンク
花  形:カップ咲き〜ロゼット咲き
花  径:10
開花性:返り咲き
香  り:中香 (オールドローズ香にハニーとアーモンドの花の香りが混ざる)
樹  形:シュラブ型 (樹高cm×幅cm)

プロフィール: 現在大流行のイングリッシュローズの、定番品種でイングリッシュローズの中では最も広く栽培されている品種の一つです。作出者のデビッド・オースチン氏は「理想的で万能な園芸植物」とお気に入りのようです。
フリンジの入った花弁は魅力的なローズピンク色のカップ咲きで、咲き進むにつれてロゼット咲きになります。春から秋まで花を咲かせ続けるあらゆる点で信頼できる優秀な品種です。とても美しいバラです。花弁は幾重にも重なり合って、光の透過により様々な表情を楽しめますよ。
香りは心地よいオールドローズとハニーとアーモンドの花の香りです。
強健で成長力が強いので育てやすいバラです。樹形も魅力的な叢生になります。どんどん太いシュートを出してきますよ。
成株になったときの樹形の目安は樹高180cm×幅150cmのシュラブ型で、花壇の前〜中段やアーチやトレリスやフェンスやパーゴラに向きます。鉢植えでも十分育てられ、その場合四季咲き性がさらに強くなります。
イングリッシュローズの生みの親であるデビッド・オースチン氏は、このバラがお気に入りのようで「デビッド・オースチンイングリッシュローズ」という本で一番多くメアリーローズの写真が載っています。

メアリーローズとは、イギリスのチューダー朝の王ヘンリー8世の旗艦「メアリー・ローズ号」にちなんだ名前です。ヘンリー8世はお気に入りの女性を王妃にするために、その事に反対していたカトリックをやめて英国国教会を起こした破天荒な王で、生涯中6人の王妃を娶りました。
 
価格:\2,500(税込み)
 
  納期:2018年4月〜
 
 
サイズ
この商品は売り切れです
SDI