SDI

商品「レディー・オブ・シャーロット」の詳細
 
サイズを選択してください


レディー・オブ・シャーロット
品種名:レディー・オブ・シャーロット
      Lady of Shalott
系  統:イングリッシュローズ 
作出社:イギリス デビッド・オースチン
作出年:2008年
花  色:サーモン・ピンクで裏は黄金色
花  形:カップ咲き
花  径:9
開花性:四季咲き
香  り:中香 (ティーをベースにりんごとクローブ)
樹  形:シュラブ型 (樹高120cm×幅100cm)

プロフィール: 特異なほどに花付きの良い品種で、つぶのそろった花が素晴らしい葉の上に広がります。全体の印象は、輝くような暖かい銅色のシェードで、全体の感じはパット・オースチンのような印象です。蕾の初期はリッチなオレンジ赤で、開いていくごとに丸みをおびた、聖杯のような花がつき、少しルーズめに花弁がならびます。花弁の表側は美しいサーモン・ピンクで、裏側の黄金色に輝く魅惑的な配色と素晴らしいコントラストを作り出します。聖杯のような、というとおり花弁の内部は比較的容易に覗くことができ、その深い色みは感動的なインパクトを与えます。
温かみのある、ティー系の香りで、りんごとクローブの香りがかすかにのります。
レディー・オブ・シャーロットは大きなシュラブを形成し、少し弓なりに枝をのばします。ミッド・グリーンの葉は、非常に魅惑的で、若いうちはブロンズのようなトーンの色です。とげは比較的少なめで、非常に繰り返し咲いてくれます。花壇にも使いやすい品種ですが、ミックスボーダーなどの他のガーデン・プランツとの混植、または大きな鉢やプランターなどで鉢植えなどにしても楽しめます。
名前はアルフレッド・ロード・テニスンの詩集の名前からいただきました。今年は彼の誕生から200周年にあたります。「シャロットの妖姫」はアーサー王の居城に住み、勇者サー・ランスロットが鏡に映るまで呪が解けず、城に閉じ込められていた姫君の名前です。
 
価格:\2,500(税込み)
 
  納期:2018年4月〜
 
 
サイズ
この商品は売り切れです
SDI