SDI

商品「マサコ (エグランタイン)」の詳細
 
サイズを選択してください


マサコ (エグランタイン)
品種名:マサコ (エグランタイン)
      Masako (Eglantyne)
系  統:イングリッシュローズ 
作出社:イギリス デビッド・オースチン
作出年:1994年
花  色:ソフトピンク
花  形:ロゼット咲き
花  径:12
開花性:返り咲き
香  り:強香 (甘く華やかなオールドローズ香)
樹  形:シュラブ型 (樹高180cm)

プロフィール: 花は完璧なソフトピンク色の大輪ロゼット咲きで特に春から初夏までたくさん花を付けます。その後は、サイドシュートやベーサルシュートを100cm程度伸ばしてから花を付けるようになります。花弁の縁は軽く反り返り、咲ききった時にはお皿のような形になり見とれてしまうほどの美しさです。株が充実してくると良く四季咲き(あるいは返り咲き)します。3枚目の写真は晩秋に咲いた花です。
魅力的で繊細なオールドローズ香を豊かにふりまきます。
成長力も素晴らしく、春と秋によくシュートを発生させ中背の理想的なブッシュを形成します。成長力と耐病勢があり適切に管理すれば病気にほとんどかからない、とても育てやすくぜひ育てていただきたいお勧めの品種です。
成株になったときの樹形の目安は樹高150cm×幅120cmのシュラブ型で、花壇のどの位置にも植えられます。鉢植えにしてコンパクトに仕立てることも出来ます。誘引すると良く伸びますので、低めのアーチやパーゴラやフェンスやトレリスにも使える応用範囲の広いバラです。

本当の名前は「エグランタイン(エグランティーヌ)」ですが、日本では皇太子妃の雅子様にちなんで「マサコ」という名前になっています。

英名の「エグランタイン」は、第一次世界大戦中にセーブ・ザ・チルドレンを創設した慈悲深いシュロップシャー地方の婦人「エグランタイン・ジェブ」にちなんで命名されたそうです。
 
価格:\2,500(税込み)
 
  納期:2018年4月〜
 
 
サイズ
この商品は売り切れです
SDI