アジア法学会について

アジア法学会は,アジアおよび他の発展途上地域の法および関連領域の研究の発展を目的として、2003年に設立された学会です。

アジア法学会は6月および11月の年2回の研究大会を開催するほか,アジアその他の海外の研究者との交流,共同研究の組織などの活動を行っています。

アジア法学会の前身は、2000年7月に創設されたアジア法研究会です。アジア法研究会は,アジア法に関心を有する研究者,実務家および学生のインフォーマルな研究組織として,年数回の定例研究会を各地で開催しました。

アジア法研究のより一層の発展のため,2002年からアジア法研究会の世話人が中心となって,学会化に向けた準備を進め,2003年11月29日に正式に学会として発足しました。