アジア法学会 2017年度春季大会

投稿者: | 24/04/2017


6
17日(土)から18日の日程で、アジア法学会春季大会を開催いたします。
開催校は広島経済大学立町キャンパス(広島市中区立町2-25です。
今回は、17日は個別報告2本、18日は年間テーマである「インド法の伝播と現状」をテーマに報告3本で構成されております。

ご参加ご希望の会員は、panda@asianlaw.info まで、参加日程(617日のみ、618日のみ、または二日とも)懇親会への参加の有無(会費は5000円を予定)をお知らせください。

一応、522日を締切とさせていただきます。

アジア法学会 2017年度春季大会

日時:2017年6月17日(土)~18日(日)

場所:広島経済大学立町キャンパス(広島市中区立町2-25 IG石田学園ビル)
(広島市安佐南区祇園のメインキャンパスではありませんので、ご注意ください)

6月17日(土)

13:30~15:00 「グローバル・サウスと人権ー「人権のヴァナキュラー理論」の可能性」
(木村光豪:関西大学非常勤講師、コメント:孝忠延夫)

15:10~16:20 「韓国における近代戸主制とその廃止ー 拙著『「家族」という韓国の装置』(三省堂、2017)に即して」(仮)
(岡 克彦:福岡女子大学教授)

17:00~  懇親会(会費:5000円)

6月18日(日)特集:インド法の伝播と現状

10:15~10:30 趣旨説明

10:40~11:40 「インド法とアジア法研究――日本における最近の南アジア研究の動向をふまえて」(仮)
(孝忠延夫:関西大学名誉教授)

13:00~13:20 総会

13:30~14:30 「インド伝統法における〈法〉概念の世俗化の過程」
(沼田一郎:東洋大学教授)

14:40~15:40 「インドの親告罪規定と修復的司法」
(中根倫拓:信州大学元助教)

16:00~16:30 討論

広島経済大学立町キャンパスへのアクセスについて

地図

http://www.hue.ac.jp/life/facilities/tatemachi_campus.html

https://www.hue.ac.jp/lecture/careerup/place.html

広島電鉄路線図

http://www.hiroden.co.jp/train/route-guide/stop-guide/index.html

〔広島経済大学立町キャンパスへのアクセス〕

○新幹線及びJR山陽本線の広島駅から、市内電車をご利用の場合

広島駅前の電車乗り場から、広島港(紙屋町経由)行き(1番系統)、宮島行き(2番系統)、江波行き(6番系統)のいずれかに乗車し、立町の電停で下車してください。

なお、5番系統(比治山経由広島港行き)の電車は立町を経由しませんのでご注意ください。運賃は160 円。標準所要時間は15 分ですが、意外に時間がかかる場合がありますので、余裕をもってお越しください。
*広島駅から紙屋町方面行きの市内バスもご利用になれますが、路線がやや複雑です。市内電車のご利用を推奨します。

 

○広島港から、市内電車をご利用の場合

広島港前の市内電車乗り場から、広島駅行き(紙屋町経由)(1番系統)に乗車し、立町電停で下車してください。5番系統は、立町経由ではありませんので、ご注意ください。料金は160円、標準所用時間は25分ですが、時間には余裕をもってお越しください。