「SecurePrint!(セキュアプリント!)」シリーズは、CEC社が開発した認証印刷ソリューションです。

 企業の印刷コストは年々増大し、一説によると、売上の1%から3%に達するとも言われています。コスト削減のために、無駄な印刷やカラー印刷を禁止しようとしても、社内の運用ルールだけでは、うまくカバーしきれるものではありません。

 また、近年、その影響が大きく報道されている情報漏洩もその経路の7割以上が紙媒体によるものとの報告があります。印刷物や紙媒体に対して、セキュリティの面でも十分な対策を講じることが求められています。

Humming HEADS
http://www.cec-ltd.co.jp/

製品コンセプト

  • 無駄な印刷を削減し、印刷コストを大幅削減
  • 紙媒体による情報漏洩を防止
  • 印刷ログの取得・分析による印刷抑止効果
  • プリンタメーカーや機種に依存しないマルチベンダ対応

「セキュアプリント!」シリーズは、ICカードを利用して、ネットワーク接続されたプリンタの印刷処理を管理するシステムです。導入により、印刷物の盗難・紛失、覗き見による情報漏洩の回避、無駄な出力の抑制によるコスト削減が実現できます。

失敗印刷防止で無駄な印刷削減

誤って実行した印刷ジョブをユーザーが任意にキャンセルすることが可能です。本当に必要なものだけが印刷され、無駄な印刷をなくすことができます。

失敗印刷防止で印刷物放置を削減

設定された時間内に、ICカードをかざさないと、自動的に印刷ジョブが削除されます。これにより「出力後に放置された印刷物」がなくなります。

印刷ログで、社員のコスト意識向上

日時やファイル名などのログだけでなく、印刷したユーザー名や、印刷内容も電子データとして記録して保管します。「誰が大量の印刷物をおこなったのか?」「どの部署がカラー印刷を多くおこなっているのか?」。印刷コストのマネージメントが可能になります。

■ラインアップ比較表

ラインアップ Suite Lite
特 長 多拠点導入&一元管理/ハイパフォーマンス認証印刷 簡単設定&導入費用の抑制/サーバレス認証印刷
対象規模 全社導入向け 部門導入向け
対象ユーザー 制限なし 200名以下
対象プリンタ 制限なし 5台以下
主要機能 ICカードによる認証印刷
どこでもプリント機能
(ロケーションフリー印刷)
×
ここからプリント機能
(プリンタ指定印刷)
緊急時プリント機能
プリントログ機能
プリントイメージログ機能(※1) ×
プリント制限機能
(※2)
×
エージェント配信機能 ×
ActiveDirectory連携 ×
MS共有プリンタサーバ対応 ×
代理プリント機能 ×
Web集計機能 ×
必要機器 管理サーバ 必須 ※3
プリンタ制御サーバ 必須 ※3
プリンタ用ICカードリーダ 必須 必須
提供形態 パッケージ パッケージ + SaaS

※1 どこでもプリント機能使用時のみの機能です
※2 枚数上限設定、カラー制限設定機能は、順次対応予定です
※3ツꀀ 管理するプリンタ台数により、管理サーバとプリンタ制御サーバを1台とすることも可能です。

SecurePrint! Suite マルチベンダ対応で、既存プリンタがそのまま利用可能

顧客情報などの漏洩経路として、紙媒体での流出が急増しています。「セキュアプリント! スイート」は、紙文書による情報漏洩の危険を回避するために、本人のみが印刷文書を手にできるICカード認証プリントを実現します。また、プリンタのメーカーや機種に依存せず、現在、ご利用のプリンタ環境にそのまま導入できるため、投資コストも抑えることが可能です。

主要機能(1)/印刷機能

プリンタを指定せず「どこでもプリント」

プリンタメーカーを問わず、管理下にあるすべてのプリンタからIC認証印刷ができます。印刷物の種類に応じたプリンタで印刷したり、空いているプリンタで印刷することが容易になります。

プリンタを指定して「ここからプリント」

製本印刷やステイプル印刷など、複合機固有のフィニッシング処理を利用したい場合は、メーカー純正ドライバから出力するプリンタを指定してIC認証印刷をすることができます。

サーバ切断時も印刷運用を止めない「緊急時プリント」

サーバ障害やネットワーク障害が発生した場合、緊急時印刷モードに切り替えれば、IC認証印刷不要の通常印刷が可能となります。その際の印刷履歴も保管されるので、セキュリティ確保は万全です。

ログ収集のみおこなう「ログだけプリント」

プリンタにICカードリーダを接続せずに、出力結果ログのみを取得する機能です。ICカードリーダ付きのプリンタと混在させた管理も可能ですので、用途に応じた運用ができます。

主要機能(2)/運用管理機能 : 大規模環境に対応

ユーザー/プリンタのグループ管理

ユーザーグループによる階層ごとの管理も可能で、大規模な組織変更にも柔軟に対応します。また、プリンタもグループ管理可能なため、ユーザーやユーザーグループごとの使用可否を設定できます。グループ(部門)ごとに管理者も設置し、グループ内のユーザー情報やプリンタ情報をメンテナンスすることもできます。これにより、システム管理者の負担も軽減できます。

印刷履歴、枚数集計データ管理

いつ誰が、どのドキュメントを、どのプリンタで、印刷したかを一元管理することで、個人別・グループ別に出力枚数を集計することが可能です。集計結果は、集計条件の設定や自動出力することができます。

ICカードのライフサイクル管理やスポットカード運用

ICカード紛失に伴う一時利用停止や、カード忘れ時のスポットカード貸出登録、利用者1名で複数カード登録など、柔軟なカード管理ができます。

プリントイメージログ保管、全文テキスト検索(※対応予定)

印刷イメージ保管機能で、印刷イメージデータと印刷された内容を保管することができます。全文テキスト検索オプションとの組合せで検索も可能です。

主要機能(3)/エコ機能:印刷コストを大幅に削減

エコ印刷設定

「モノクロ/両面/2in1」など、社内の印刷ルール標準設定を一括で設定することで、不必要なカラー印刷を押さえることが可能です。

長時間印刷キャンセル機能

失敗印刷は、印刷前に手動で削除ができます。また、一定時間以内に、利用者がプリンタで認証印刷をおこなわない場合は、印刷ジョブを自動的にキャンセルします。

主要機能(4)/連携機能:運用負荷を軽減

ActiveDirectory連携

ActiveDirectoryでユーザーアカウント管理を管理されているお客様向けに自動連携機能を提供します。ICカード情報を保有されていないお客様に対しては、ICカードActiveDirectory登録ツールを提供し、ユーザーアカウントと ICカードの統合管理を支援いたします。

Microsoft共有プリンタサーバ対応

Microsoft WindowsServer2003 R2 SP2(32bit)/2008 SP2(32bit)のプリントサーバ機能に対応しています。現在、プリントサーバにて運用されているお客様は、運用を変更することなく、ICカード認証プリントと印刷ログ管理が可能になります。

■製品構成

構成概 要
管理サーバ 管理用データベースを持ち、バッチ処理をおこないます。最低1台必要です(冗長化推奨)
ICカードリーダの通信制御と印刷制御をおこないます
プリント制御サーバ 印刷枚数・プリンタ台数・複数拠点への展開によって追加が必要となり、最低1台必要です(※負荷分散推奨)
クライアントPC ユーザー利用のPCです
管理PC サーバ・クライアントPCに同居が可能です
プリント用ICカードリーダ IC認証に利用するカードリーダです(プリンタ1台につき、ICカードリーダ、100v電源、IPアドレス、NWポートが1つずつ必要で)

■動作環境

管理サーバOSMicrosoft Windows Server 2003 R2 Service Pack 2(32bit)ツꀀ
Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2(32bit)ツꀀ
Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1(64bit)
CPU Intel Xeon 3040 1.86GHz 1P/2C CPU以上
メモリ 2GB以上
HDD 147GB以上
その他 Microsoft SQL Server 2005 / 2008ツꀀ
Microsoft .NET Framework 2.0(SQL Server 2005使用時)ツꀀ
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1(SQL Server 2008使用時)
プリント制御サーバ OS Microsoft Windows Server 2003 R2 Service Pack 2(32bit)ツꀀ
Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2(32bit)ツꀀ
Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1(64bit)
CPU Intel Xeon 3040 1.86GHz 1P/2C CPU以上
メモリ 2GB以上
HDD 147GB以上
その他 Microsoft .NET Framework 2.0
クライアントPC OS Microsoft Windows XP Professional Service Pack 3(32bit) 以降ツꀀ
Microsoft Windows Vista Service Pack 1 以降(32bit)(Home Edition除く)
Microsoft Windows 7 Service Pack 1 以降(32/64bit)(Home Edition除く)ツꀀ
※仮想OS(Windows XP モード含む)、シンクライアントは動作保証対象外です
CPU 上記OSおよび対象PC上のアプリケーションが正常に動作しているCPUスペック
メモリ OSおよび対象PC上のアプリケーションが正常に動作しているメモリ
HDD ハードディスクに 100MB 以上の空き容量が必要(ただし、ログによって増加)
その他 MSXML 6.0 SP1
Windows Installer4.5
管理PC OS Microsoft Windows XP Professional Service Pack 3(32bit) 以降
Microsoft Windows Vista Service Pack 1 以降(32bit) (Home Edition除く)
Microsoft Windows 7 Service Pack 1 以降(32/64bit)(Home Edition除く)
Microsoft Windows Server 2003 R2 Service Pack 2(32bit)
Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2(32bit)ツꀀ
Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1(64bit)
※仮想OS(Windows XP モード含む)、シンクライアントは動作保証対象外です
CPU 上記OSおよび対象PC上のアプリケーションが正常に動作しているCPUスペック
メモリ OSおよび対象PC上のアプリケーションが正常に動作しているメモリ
HDD ハードディスクに 100MB 以上の空き容量が必要(ただし、ログによって増加)
その他 Microsoft .NET Framework 2.0

※上記の動作環境は、管理されるプリンタ台数、クライアントPC台数、および日々の印刷量によって、スペックが異なります。詳細については、お問い合わせください

SecurePrint! Lite 印刷ログはクラウドで管理! サーバレスで簡単設定 & すぐに認証印刷!!

「セキュアプリント! ライト」は、印刷時にICカードによる本人認証をおこなうことで、印刷物の取り違えや持ち去りなどによる、機密情報の漏洩を防止する認証印刷ソリューションです。印刷ログを管理するためのサーバやデータベースが不要で、社員証などのICカードとカードリーダだけで、設置したその日から認証印刷システムが構築可能です。「セキュアプリント! ライト」を導入することで、PCから印刷ジョブを実行してもすぐには印刷されず、ICカードをプリンタ脇に置かれたカードリーダにかざすことで、はじめて印刷が開始されます。「とりあえず、プリントしておく」といった風潮を抑止し、セキュリティ対策と同時に、印刷コストの削減を実現します。

また、印刷ログの集計はSaaS型サービスで提供されるため、インターネットで簡単に閲覧可能です。プリンタごと、社員ごとの印刷枚数が分かりやすくグラフ表示されます。さらに、印刷の際にはクライアントPC上に所要コストが表示される“気付き機能”により、社員のコスト意識の向上にもつながります。

製品コンセプト

徹底した印刷管理

「セキュアプリント! ライト」の導入で、紙媒体のセキュリティ向上にくわえ、印刷枚数の管理も強化できるため、印刷コストの軽減やプリンタの最適配置の分析にも役立ちます。

紙のムダを削減

印刷依頼とは別に、プリンタからの出力認証をおこないます。認証印刷前の誤操作による印刷ジョブは、利用者がキャンセルできます。また、印刷依頼後、ICカードをかざさず、長時間放置された印刷ジョブは自動的にキャンセルされます。これにより、不要な出力が抑えられ、印刷コストの削減にもつなげることが可能です。

社内のモラル向上 「気づき」機能

印刷費用削減において、放置印刷をなくす事はもちろん、社員一人ひとりに印刷費用を意識させることは、「コスト削減」にとどまらず「セキュリティ強化」「企業価値の向上」につながります。

「セキュアプリント! ライト」では、各プリンタや複合機(MFP)における一枚あたりの利用単価を設定することが可能です。印刷の際に、現在の印刷代金をPCのデスクトップへ表示されることにより、無駄な印刷や印刷の種類に応じた印刷機器の選択をユーザーにおこなわせることで、社員のモラル向上へつなげることができます。

Web集計機能(管理者不要のSaaSサービス)

「セキュアプリント! ライト」では、各種登録情報や印刷ログを保管・管理するためのサーバは必要ありません。インターネット上のお客さま専用サイト(ユーザ認証機能あり)を開けば、各プリンタからの印刷ログが保管(最大1年間)され、プリンタ別、利用者別にグラフ表示します。また、ログデータはCSV形式でダウンロードも可能ですので、お客様の管理データとして再利用も可能です。

簡単管理画面

グラフィカルな管理画面を採用し、直感的に操作できるため、スムーズに設定・バックアップが可能です。ツꀀ

■SecurePrint! Liteの製品仕様

導入環境ネットワークにPCおよびネットワークプリンタが接続されており、ネットワークプリンタが可能(Standard TCP/IPで接続されたプリンタのみが対象)。また、インターネットに接続されており、HTTP/HTTPSのプロトコルが通る環境
PC Windows XP Home 32ビット版(SP2以降)
Windows XP Professional 32ビット版(SP2以降)
Windows VISTA Home Basic 32ビット版(SP1以降)
Windows VISTA Home Premium 32ビット版(SP1以降)
Windows VISTA Business 32ビット版(SP1以降)
Windows 7 Home Premium 32ビット版
Windows 7 Professional 32ビット版
Windows 7 Enterprise 32ビット版
※仮想OS(Windows XP モード含む)、シンクライアントは動作保証対象外です
PC1台を複数人が利用する場合、同時に利用できるIDは1つ
PCにカードの管理番号をひもづける形で利用
ICカード FeliCa 対応
ICカードリーダ 親機:液晶パネル付きネットワーク対応FeliCaカードリーダ(100V ACアダプタ付き)
子機:ネットワーク対応FeliCaカードリーダ(100V ACアダプタ付き)
接続プリンタ数 最大5台(標準2台)
登録可能ID数 200 ID
本体内
保存ログ数
1200ジョブ(親リーダ側一時保存)
親リーダ側の保存可能なログ数を超過した場合は、PC側に一時保存
Webアップロード SSLによるログの送信
Web側容量 最大1年分の保存が可能 /CSV形式でのダウンロード゙機能
(集計結果または印刷ログ情報、ログ取得は1ヶ月単位)
メンテナンス お客様専用サイトにて最新ソフトウエアの配布
最新のソフトウエア情報は、利用中のソフトに案内が配信
ソフトウエア提供 専用WEBサイトへのユーザー登録後、ソフトウエアのダウンロード可能(製品パッケージ内にソフトウエアは同梱されていません)